Pocket
LINEで送る
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks

top_mendou

社会保険新規加入料金表

格安料金の当事務所よりさらに安く受託している社会保険労務士事務所もありますが、

サービス内容をよく確認してみてください。

サービス内容の中に書類の作成のみで届出をしない又は顧問契約が条件など格安の理由が小さく表示されています。

しかし、当事務所は、作成及び届出は責任を持って行いますし、顧問契約は一切強要いたしません。

安心して、お任せください。

その他オプションはこちらをご覧ください

新規加入オプション料金表

 

difference_re

簡単3テップ


こんな状況ではありませんか?

そろそろ入ったほうが良いと思っている

  • 社会保険の加入を検討しているが、遡って加入しなければならならないのでは?と不安である。
  • 忙しくて、社会保険新規加入の手続きを行う時間がない。
  • 役員1人の会社だけど、社会保険に入らなければならないのか?加入要件を知りたい。
  • 会社を設立したばかりだけど、どんな保険に入れば良いのかわからない。

役所から要請が来た!

  • 年金事務所から社会保険未加入に関する「来所要請」の通知書が届いた。
  • 従業員から、社会保険に加入してほしいとの要望があった。
  • 従業員5人未満の個人事業所だけど、従業員のために社会保険に加入したい。

建設業をしている

    • 国土交通省が発表した「建設業の社会保険未加入対策」により、平成29年までに社会保険に加入しなければならなくなった。
    • ゼネコンや元請事業者から、社会保険未加入のままだと、仕事を発注しないと言われている。

入りたいけれど、格安のところが良い

  • 社会保険新規加入の手続きを格安でやっているところを探している。
  • 社会保険新規加入の手続きを社会保険労務士に委託したいが、顧問契約を進められそうで、問い合わせしづらい。
  • 社会保険労務士に社会保険新規加入の手続きを依頼すると、相場で5万円くらいの費用がかかると聞いたので、費用を抑えるためには自分でやるしかない・・・。
  • 社会保険料の会社負担分の試算をしてほしい。

強制加入で最悪の場合倒産も?!唖然とするその前に!!

国土交通省は、平成29年までに

建設業者の社会保険加入率100%を目指す

と公言しています。

また、厚生労働省は、平成27年度から3年間において、日本年金機構と国税庁が連携して社会保険加入の促進に努めると発表しています。

つまり、今まで社会保険未加入だった事業所は、

近い将来において社会保険に強制的に加入

させられるということです。

社会保険料は、労災保険料や雇用保険料に比べると、会社が負担する保険料は大きいと言えます。
唖然とするその前に!!

従って、給与水準が高い会社や従業員が多い会社が社会保険に加入する場合、会社が負担する社会保険料の金額を見て愕然とするかもしれません。

以前、従業員60名いる社会保険未加入の会社が社会保険料(会社負担分)の試算をしてほしいと依頼してきましたが、その試算額は、

なんと年額3,000万円でした。

今まで、営業費、人件費、接待交際費などに使われていた価値ある3,000万円が、社会保険に加入することで、何ら利益を生まない税金化してしまうのです。

潤沢な資金を保有している会社、又は売り上げが順調で多くの利益を出している会社であれば、想定外の支出があっても問題ないかもしれません。

しかし、順調な会社ばかりではありません。

業績悪化により売り上げが落ち込んでいる会社や資金繰りがうまくいっていない会社も多いことでしょう。

もしそんな会社が社会保険に加入してしまったら、最悪なケースの場合、倒産してしまう会社も出てくると思います。

このまま何ら対策を講じないまま、うちの会社は大丈夫だと思っていると、行政からの指導により強制加入を強いられた場合、会社は悲鳴を上げることになるでしょう。

年金事務所などの役所は、社会保険未加入であっても、今後のことを考えて相談してくる会社には寛大ですが、

調査や指導により社会保険に強制加入させる場合には、容赦しません。

従って、会社が大きくなる前に、行政の指導が入る前に、社会保険に加入した際の人件費の設定、事業計画の見直し、そして社会保険料の節減などの対策を講じ、

計画的に社会保険に加入することをお勧めします。

私たちも、皆様のお役に立てるように、社会保険新規加入に関する手続代行料金を、安心価格でご提供させていただいております。

社会保険労務士に社会保険新規加入の手続きを依頼する場合、通常、40,000円~60,000円の料金を請求されます。

しかし、当事務所は社会保険加入者が10名未満である場合、最安値の15,000円(税抜き)に設定しております。

顧問契約を強要することは絶対にありません。

一度きりのご依頼でも、問題ございません。

なぜ、こんなに料金が安いのか不安になられるかもしれませんが、当事務所は徹底したコストカット、電子申請の導入及び100社を超える社会保険新規加入のお手続きの実績とノウハウがあるため、上記の料金が実現できています。

今すぐこちらからお問合せください!

事前にご相談したい方は電話、メール又は下記のお問合せフォームによりお問合せください。

banner_inquiry

サービスの違い

目的
他社
  • 社会保険新規加入の手続代行から、顧問契約に繋げるのが目的
自社
  • 社会保険未加入で困っている事業所を救済することが目的。
    当事務所は、顧問契約は強要しません。
    一度きりのご依頼でも、お受けします。

 

サービスの内容
他社
  • 手続料金の設定が高いため、新規加入の手続を行った実績が少ない。
    そのため、手続きの不備などにより、手続きに遅延が生じる。
  • 社会保険労務士は先生業と考えている方が多く、接客態度が横柄で、電話やメールのレスポンスが遅い場合がある。
  • 加入者から控除する社会保険料について教えてくれない。
  • 銀行の窓口に行って、口座振替納付申出書の銀行印確認印の手続きを行ってくれない。
  • 必要書類の1つである履歴事項全部証明書(登記簿謄本)の取得を行ってくれない。
自社
  • 年間100社以上の社会保険新規加入に関する手続きを行っているため、実績とノウハウからスムーズに手続きを行うことができる。
  • 私達は先生業と考えず、サービス業と考えているため、親切で丁寧な対応、そして電話やメールのレスポンスも早い。
  • 加入者から控除する社会保険料の通知を行っている。
  • 銀行の窓口に行って、口座振替納付申出書の銀行印確認印の手続きを行っている。
  • 履歴事項全部証明書(登記簿謄本)の取得代行を行っている。

 

料金設定
他社
  •  手続料金は、加入者10名未満で40,000円~60,000円で設定している事務所が多い。
  • 顧問契約を締結する場合は、上記料金を半額にする事務所が多い。
  • 顧問契約を締結することを何度も進めてくる。
自社
  •  手続料金は、加入者10名未満で15,000円(税抜き)と格安で行っている。
  • 顧問契約を締結する場合は、無料にしている。
  • 顧問契約の締結を強要することは、一切ない。

 

アフター・フォロー
他社
  • 顧問契約の締結を促す営業電話やメールが送られてくる。
  • スポットだと、入退社などの手続を依頼しづらい。
自社
  •  営業電話や営業メールは一切しない。
  • 有益な情報満載のメルマガを毎月お送りする。
  • スポットの依頼であっても、快く引き受ける。

 

 

ページ上部へ戻る