社会保険の新規加入手続きについて

社会保険の新規加入手続きをどこよりも詳しく解説しました。

すでに新規加入手続きが終わっている場合は、こちらをご参照ください。

新規加入条件の確認

厚生年金と健康保険に加入する条件としては、まず法人の事業所であれば、原則、全ての事業所が加入しなければなりません。
法人ということなので、株式会社や有限会社を経営する社長さんお一人の場合でも厚生年金と健康保険に加入する義務があります。

また、法人の事業所ではなくて個人事業所は、常時従業員が5人以上の場合は、厚生年金保険と健康保険に加入する義務が出てきます。

但し、個人事業所の場合は、アルバイトが5人以上いても、飲食業や理美容業など一部の業種は除かれる場合があります。

詳しくはこちらの被保険者のリンクをご覧ください。

いつまでに社会保険の新規加入手続きは行う?

事実発生から5日以内とされています。

すなわち、本来であれば会社設立から5日以内に社会保険の手続きを行わなければなりません。

ただし、実務上は、加入日に属する月中にお手続きを行うこととされております。

社会保険の新規加入届けを行うのは誰?

事業主または社会保険労務士となります。

社会保険の新規加入手続きでは、どんな書類を提出する?

以下の書類が必要となります。

健康保険・厚生年金保険 新規適用届
添付書類
 1.法人事業所の場合:法人(商業)登記簿謄本
 2.事業主が国、地方公共団体又は法人である場合:法人番号指定通知書等のコピー
 3.強制適用となる個人事業所:事業主の世帯全員の住民票 など

詳しくは
「社会保険の新規適用届の書き方の記入例のダウンロードと添付書類について」の記事
を御覧ください。

社会保険の新規加入手続きの届け出方法は?

電子申請、郵送、窓口持参となります。

お時間のない経営者様に変わって社会保険新規加入手続きをどこよりもお安く当サイトでは代行しております。

こちらからお確かめください。

Pocket
LINEで送る
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

料金一覧

社会保険加入を検討中のお客様
年金事務所から電話・訪問により勧奨を受けているお客様
個人事業所のお客様
建設業のお客様
新設法人のお客様

申し込みの流れ


体験談

カテゴリー

社員10名以下の社長さんはNLP受講は必須?!
ページ上部へ戻る