平成30年度 健康保険料率及び介護保険料率の改定

平成30年3月(4月給与から控除分)より健康保険料率及び介護保険料率が改定されることが発表されました。
【健康保険料率】
健康保険料率は、都道府県によって引き上げ、引き下げ及び据え置きとなっております。
 
関東圏内の各地域の保険料率は、下記のとおりです。
 
東 京:9.90%   茨 城:9.90%
栃 木:9.92%   群 馬:9.91%
埼 玉:9.85%   千 葉:9.89%
神奈川:9.93%
 
他の都道府県の健康保険料率をご覧になりたい方は、下記をご参照ください。
http://www.kyoukaikenpo.or.jp/home/g3/cat330/sb3130/h30/300209
 
 
【介護保険料率】
介護保険料率は、全国同一で1.57%に引き下がります。
 
 
【雇用保険料率】
平成30年4月1日から平成31年3月31日までの雇用保険料率は、平成29年度と変わらず次の通りとなりました。
 
一般の事業:9/1000
 
農林水産、清酒製造の事業:11/1000
 
建設の事業:12/1000
 
なお、給与計算をする上で覚えておかなければならない労働者負担分は、下記のとおりです。
 
一般の事業:3/1000
 
農林水産、清酒製造の事業:4/1000
 
建設の事業:4/1000
 
 
雇用保険料率の詳しい内容は下記URLをご参照ください。
https://jsite.mhlw.go.jp/hiroshima-roudoukyoku/library/30nendokoyouhokenryouritu.pdf
Pocket
LINEで送る
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

料金一覧

社会保険加入を検討中のお客様
年金事務所から電話・訪問により勧奨を受けているお客様
個人事業所のお客様
建設業のお客様
新設法人のお客様

申し込みの流れ


体験談

カテゴリー

社員10名以下の社長さんはNLP受講は必須?!

採用情報

ページ上部へ戻る