社会保険加入者とは?

社会保険の強制適用事業所であれば、正社員など常時雇用されている従業員は、全員加入対象者となります。

また、有期雇用である契約社員(日々雇い入れられる者及び2カ月以内の契約期間を定めて雇用される者を除く)や、短時間勤務であるパートタイマー、アルバイトであっても次の2つの要件を満たす場合は、社会保険に加入しなければなりませんので、ご注意ください。

  1. 1日又は1週間の所定労働時間が、正社員の所定労働時間と比較して、4分の3以上あること。
  2. 1カ月の所定労働日数が、正社員の所定労働日数と比較して、4分の3以上あること。

さらに、平成28年10月から、従業員501人以上の企業に勤務する短時間労働者は、次の1 から4までの条件を満たす場合は、社会保険に加入しなければならなくなりました。

※平成29年4月から、従業員501人未満の企業で勤務する方も、次の1から4までの条件 を満たす場合は、労使で合意がなされていれば、社会保険に加入することができるよう になりました。

1.1週間の労働時間が20時間以上(雇用保険の加入要件と同じ)

2.雇用期間が1年以上の見込みがあること

3.年収が106万円以上(月収が8万8,000円以上)

4.学生でないこと

なお、上記要件に該当しない方は、国民健康保険及び国民年金保険に加入する形となります。

社会保険とは?の図

 

下記お問い合わせ・お申し込みフォームよりご相談ください。

banner_inquiry

Pocket
LINEで送る
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks

料金一覧

社会保険加入を検討中のお客様
年金事務所から電話・訪問により勧奨を受けているお客様
個人事業所のお客様
建設業のお客様
新設法人のお客様

申し込みの流れ


体験談

カテゴリー

社員10名以下の社長さんはNLP受講は必須?!

採用情報

ページ上部へ戻る