~厚生年金保険の標準報酬月額の下限引き下げ~

10月より、厚生年金保険の標準報酬月額の下限が引下げられ、現在の第1等級(9万8千円)の下に、

新たに8万8千円の等級が追加されました。

この新第1等級は、役員報酬や給与の報酬月額が9万3千円未満の場合に該当することになります。

なお、この標準報酬月額の下限の引下げは、全事業所が対象となっており、10月1日現在、報酬月額が9万3千円未満に該当する被保険者については、10月分の厚生年金保険料(11月給与から控除していただく厚生年金保険料)より改定を行う必要がございますので、11月の給与計算の際には、ご留意ください。

関連記事

ページ上部へ戻る