厚生年金保険料の上限が65万円へ引き上げ

令和2年9月から、厚生年金保険の標準報酬月額の上限が変更になりました。

従前の標準報酬月額の上限等級(31級・62万円)の上に1等級が追加され(32級・65万円)、上限が引き上げられた形となります。

新しい保険料は、令和2年9月分(10月納付分)から適用となります。

また、該当の方には、令和2年9月下旬以降に日本年金機構より「標準報酬改定通知書」が送付されますので、標準報酬月額の改定に際して、事業主からの届出は不要です。 詳しくは、こちらをご覧ください。  

https://www.nenkin.go.jp/oshirase/taisetu/2020/202009/20200901.html

 

【2020.10.1更新】

関連記事

ページ上部へ戻る