雇用保険の失業給付 自己都合退職の給付制限を3カ月から2カ月に短縮

これまで、正当な理由がない自己都合による退職の場合は、失業給付を受けるまで、原則として3カ月間の給付制限が設けられていました。
しかし、令和2年10月1日以降に離職された方は、正当な理由がない自己都合により退職した場合であっても、 5年間のうち2回までは給付制限期間が2カ月となります。
  但し、 自己の責めに帰すべき重大な理由で退職された方の給付制限期間は、これまで通り3カ月となります。

詳しくは、こちらをご覧ください。    

https://www.mhlw.go.jp/content/11600000/000655465.pdf

【2020.10.1更新】

関連記事

ページ上部へ戻る