令和3年度の雇用保険料率について

令和3年度の雇用保険料率は、令和2年度から据え置きと発表されました。
雇用保険料率は、雇用保険の財政状況により毎会計年度、見直しが行われています。

法令では原則の雇用保険料率を定めつつ、弾力条項によって毎年度の雇用保険料率を変更していますが、令和3年度の雇用保険料率については、昨年度からの変更はなく、以下の通りとなりました。

 ・一般の事業 9/1000
 ・農林水産業及び清酒製造業 11/1000
 ・建設業 12/1000

詳しくは、こちらをご覧ください。

https://www.mhlw.go.jp/content/000739455.pdf

関連記事

ページ上部へ戻る