トライアル雇用助成金に新型コロナトライアルコースが創設

新型コロナの影響により離職を余儀なくされた労働者で、離職期間が3ヶ月を超え、かつ就労経験のない職業に就くことを希望する求職者を、無期雇用契約へ移行することを前提に、一定期間試行雇用(トライアル雇用)を行う事業主に対して支給される助成金制度が創設されました。  

この助成金は、「新型コロナウイルス感染症対応トライアルコース」と「新型コロナウイルス感染症対応短時間トライアルコース」の2種類があり、雇入れの日から1ヶ月単位で最長3ヶ月間を対象として、支給対象者1人につき月額4万円(短時間は2万5,000円)が支給されます。

 

詳しくは、こちらをご覧ください。

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/newpage_16286.html

関連記事

ページ上部へ戻る