【高年齢者雇用安定法の一部が改正されました】

少子高齢化が急速に進展し人口が減少する中で、希望する従業員に70歳まで働ける機会を確保するため、「高年齢者等の雇用の安定等に関する法律」(高年齢者雇用安定法)の一部が改正されました。

「70歳就業法」とも呼ばれ、令和3年4月1日からは、これまでの『65歳までの雇用義務』に加えて、

①70歳まで定年を延長

②70歳まで再雇用

③定年の廃止

④70歳まで業務委託契約

⑤70歳まで社会貢献事業に従事

の5つの選択肢の中からいずれかの実施が事業主の努力義務となります。

 

詳しくは下記をご覧ください。

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/koureisha/topics/tp120903-1_00001.html

関連記事

ページ上部へ戻る