社会保険の適用事業所とは?

社会保険は

「従業員を雇用すればどの事業所も社会保険に入らなければならない」

という強制加入のイメージが強いですが、実は、

社会保険に加入しなければならない強制適用事業所

社会保険に加入する義務がない任意適用事業所

の2種類があります。

強制適用事業所は、法人の事業所及び適用業種(下記の図参照)に該当する従業員5名以上の個人事業所が対象となってきます。

一方、任意適用事業所は、適用業種に該当する従業員4名以下の個人事業所及び非適用業種(下記の図参照)に該当する個人事業所が対象となってきます。

なお、任意適用事業所は、社会保険の加入義務はありませんが、従業員の半数以上の方が社会保険加入を希望し、年金事務所を通して厚生労働大臣の認可を受けた場合に限り、社会保険に加入することができます。

社会保険の適用事業所

 

下記お問い合わせ・お申し込みフォームよりご相談ください。

banner_inquiry

ページ上部へ戻る